2014年12月22日

2014.12.21. 東京都大田区交流事業 「池上本門寺 朝市」

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

12月20日(土)、21日(日)と東京都大田区にあります長井市東京事務所に行ってきました!
(朝五時起床はキツかった・・・)

20日は蕎麦打ち、そして翌日21日は今年最後となります「池上本門寺 朝市」です。
雪の多さから売るものが無いのではないかと心配していましたが、
大量のお野菜、果物を販売することができました。

朝の5時半には会場に到着し設営開始。
6時にはお客様が押し寄せて来て大変な熱気でした。

口々に「(野菜と果物を)待ってたのよー♪」という声があり、大変に有難く思います。




ものすごいイキオイで野菜や果物が売れていきます。



12月とは思えない物量です。




そして今回の目玉は
「馬肉ラーメン肉まん」です!!!

馬肉ラーメンと肉まんを組み合わせた逸品!!!
かなりのボリュームで、これ1個食べると朝ごはんが要らなくなるほどです。



これは是非食べてほしいです。

もー 驚きです。

お値段1個400円です。


そんな感じで野菜も売れに売れて、馬肉ラーメン肉まんも目出度く東京デビューの第1歩を華々しく踏んだわけですが、
次回の朝市は年が明けて3月の予定です。

次に東京都大田区に来るのを心から楽しみにしています。




ありがとうございました!
また来年お願いします♪


以上地域おこし協力隊サトウマサルでした。

^^v
  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 12:26Comments(0)

2014年12月22日

2014.12.20 12月度大田区交流事業 「蕎麦打ち体験道場」

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

12月20日(土)、21日(日)と東京都大田区にあります長井市東京事務所に行ってきました!
(朝五時起床はキツかった・・・)

そんな訳で(?)まずは12月20日は前月に大好評だった「蕎麦打ち体験道場」のレポートです。


12月20日、朝5時に蔵高宿オーナー金子氏の車に同乗し交代の運転で一路東京へ。

昼前には事務所に到着し、夕方4時から始まる「蕎麦打ち体験道場」の準備を開始。
私は伊佐沢の食材を使った伊佐沢イタリアン&伊佐沢フレンチをご用意しました。

今回の蕎麦打ちは前回からのリピーターも見受けられ、確実に「長井ファン」が広がりを見せている一種「手ごたえ」を感じました。



先ずは顧問の桜井氏よりご挨拶。



次にそば打ち名人 金子氏よりご挨拶。





そして早速みなさん楽しく蕎麦打ちを体験。


まずはお湯を入れて橋で混ぜます。



団子状にします。



手のひらで体重をかけて団子をつぶします。



棒で伸ばします。



キレイに伸ばします。



次に旨い具合に四角く伸ばします。



「上手に切れましたー♪」





今回は自分たちで作った蕎麦はご自宅にお持ち帰り頂き、懇親会で食べるのは名人金子氏の蕎麦を召し上がっていただきました。


この後、美味しい地酒もあり非常に盛り上がりまして、東京都大田区の夜はふけていくのでありましたとさ。

^^v







  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 12:02Comments(0)

2014年12月22日

2014.12.19. 「Ano会議のあのラジオ」 収録してきました。

お世話様です、伊佐沢地区地域おこし協力隊サトウマサルです。

11月にタス・パークホテル内に開局しました「おらんだラジオ」というラジオ局で
我々地域おこし協力隊がパーソナリティーを務めるラジオ番組が発足しました。

その名も 「Ano会議のあのラジオ」 です。

この日に1月分の収録をした訳ですが、今回は私サトウマサルとシティプロモーション活動担当 佐藤桃菜隊員のW佐藤が月の前半を担当し、
渋谷、金井両隊員が月の後半を担当する形での収録となりました。

今月の頭から隊員同志の打ち合わせを重ね、同時に放送用のシナリオ作りもしたのですが、

もー



もー


大変でしたの一言です。
(笑)



放送は当然といえば当然ですが収録形式ですが手のひらや背中にねばっこい汗をかいてました。


放送も回を重ねて、よりアドリブをきかせたり、もっとx2聞き上手になれるよう
そして町の情報をより効率よく、正しく、そして楽しくお伝えできるよう頑張りたいと思います。


収録時の画像はあるはあるのですが、隊員の画像があまりにも 「モロ」 だったので割愛させて頂きます。
(申し訳ありません)


おらんだラジオは周波数 「77.7Mhz」


おらんだラジオは周波数「77.7Mhz」

大事なので2回言いました(笑)





以上、地域おこし協力隊サトウマサルでした♪  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 11:15Comments(0)

2014年12月22日

2014.12.17.ふるさと財団様&市役所担当部署懇親会

お世話様です、伊佐沢地区地域おこし協力隊サトウマサルです。

先週は「怒涛」の一週間でした。
連続した会議につぐ会議、
懇親会につぐ懇親会(笑)
反省会につぐ反省会(笑)
そして後ほどレポートしますがラジオの収録と一週間が「マッハ」で過ぎ去り
なにをしたんだか分からずもみくちゃにされた(?)ような印象を受けます。


そんな中で我々地域おこし協力隊を応援して下さる、ふるさと財団の方が足元の悪い中
(実際に電車が進まなかったようです)
長井市にお越し頂きました。





12月17日(水)の夕方から活動の報告も兼ねて私と会場である蔵高宿のオーナー金子氏でお料理と美味しいお酒でおもてなしをさせて頂きました。
オーナー金子氏もこの日のために一生懸命準備してくれました。
私自身も2夜連続で深夜に渡り仕込みをさせて頂きました。

ここで当日のメニューをご紹介します。

まずは前菜
「ほぼ伊佐沢産のグリーンサラダ & 自家製ごマドレッシング」




なんで「ほぼ」かというと一部長井市産の野菜を使っております。


続きまして
「草岡ハムの盛り合わせ」





そしてこれは自身の研究結果でもありますが
シードルの酒粕を使った
「白菜の漬物」



リンゴの香りが上品です♪

そしてオーナー金子氏の
「鍋」



ここからは「俺のターン!」(笑)
メインディッシュその1
コック・オゥ・ヴァン/ブルゴーニュ風鶏もも肉の赤ワイン煮




総製作時間なんと48時間以上の超大作です。
伊佐沢産の人参、ジャガイモ、セロリ、赤ワイン丸ごと1本、自家製のハーブと岩塩でマリネした鶏もも肉をこれまたワインと自家製コンソメで長時間低温で煮込みました。

こちらには赤ワイン 「ACブルゴーニュ」を合わせて郷土料理と郷土のワイン、土地と土地のマリアージュをご堪能頂きました。

そして「俺のターン!その2」
メインディッシュその2
ペンネ・フィオレンティーナ/フィレンツェ風ペンネ



本来は牛肉かウサギの肉を使うのですが地域性を打ち出すためにあえて 「馬肉の挽肉」 を使用しました。
野趣あふれる味わいですが、ハーブをふんだんに使用することにより野趣が抑えられ、アカシアのハチミツを隠し味に使用することで野菜の旨さが底上げされました。
併せたワインは本来ならば料理と同じ土地であるイタリア トスカーナ州のワインを用意するべきでしたが味わいの方向性を考慮し、
より力強い味わいのワインのイタリア ピエモンテ州のバルベーラ種の赤とフランス コート・デュ・ローヌ地方の力強いスパイシーな味わいの赤をご用意しました。

そして最後はやはりこれ
「新蕎麦」



これには郷土の地酒 「惣邑」
そしてワインはイタリア シチリア州のグリッロという品種の白ワインを合わせました。
惣邑はもちろん素晴らしい相性ですが、
グリッロも非常に良い相性を示し、蕎麦の持つ穀物のニュアンスとワインのほろ苦さが非常によく引き合ったと思います。


そんな訳で外は雪が降り非常に寒いのですが、蔵高宿は反比例して非常にホットな一夜であったと思います。


翌日は朝からふるさと財団様と我々地域おこし協力隊との会議、
そのあとにはシティプロモーション戦略会議に連続で出席頂きました。

もっともっと町のために、伊佐沢のためにできることを考えたいと思います。



以上、伊佐沢地区地域おこし協力隊 サトウマサルでした!

^^

  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 10:35Comments(0)

2014年12月22日

2014.12.17.~12.21.「ナガイのココロ写真展」 

お世話様です、伊佐沢地区地域おこし協力隊のサトウマサルです。

12月17日(水)~12月21日(日)まで長井市内の小桜館にて文教尾の杜友の会、長井市心のまちづくり活動推進事業主催の
「ナガイのココロ」写真展が開催され、
私も一長井市民また一人の協力隊員の視線で写真を2点出展させて頂きました。



コンセプトとして彫刻家にして長井市栄誉市民である故長沼孝三先生の提唱する
郷土を愛し誇りに思う心

感謝と思いやりに満ちた心を指すそうです。



自分なりに感じたそんな「ココロ」を
ファインダーを覗かないで撮影する「ノーファインダー」という技法で撮影するというのが2つ目のコンセプトです。

8名の撮影者それぞれの視点、それぞれのココロが表現された素晴らしいイベントであったと思われます。


写真展は終了しましたが、ここで私が出品した作品を2点発表します。


作品名 「笑顔の未来へ」





シチュエーション
 沈む夕日に向かって愛犬と散歩している姿をセルフタイマーと三脚を使用し、第3者の視点で撮影しました。
 (専門的なシャッタースピードその他の要素は残念ながら記録しておりません。スイマセン)


エピソード
 自分にとって夕日は寂しさというよりは明日に繋がる風景であり、未来に繋がる今だと思っています。
 そんな夕日に向かって歩いていく姿を表現できればと思い、撮影に向かわせて頂きました。

 尚、タイトルは撮影前から決めており、私の好きなバンドの曲から使わせて頂きました。


ココロのポイント
 8月末から伊佐沢に地域おこし協力隊として愛犬と実際に住ませて頂き、この長井で見た夕日はどこで見た夕日よりもやさしく、美しいと思いました。
 そんな山々を桜色に染めながら沈む美しい夕日、また美しい山河、自然、そこに関わらる人々の優しい心、それら天地人が三身一体になったものこそが私自身が感じた
「長井のココロ」だと認識しています。

 「未来」や「笑顔」が待っているであろう明日を期待させる夕日
 「明日は何が待ってるんだろう」
 「明日は誰と会えるだろう」
 「明日はもっと頑張ろう」
そして、
 「この地に根をはって、頑張って、生きてゆこう」
そんな決意表明にも似た気持ちを込めて撮影させて頂きました。



そして2つ目

作品名 タイトル 「Terroir / テロワール」






シチュエーション
 現在事務所を構える蔵高宿に隣接する蔵高宿オーナー金子氏の畑をローアングル&ノーファインダーで撮影しました。

エピソード
 10月15日より仕事の拠点を伊佐沢共同直売場に隣接する蔵高宿に移動し、日々オーナーの金子氏の仕事を事務所からながめながら仕事をしておりました。
 金子氏は15年ほど前から農薬を使わない自然な農法で野菜を作っています。
私は以前ワインの販売・サービスに携わる仕事をしていましたが、金子氏の仕事はまさに「テロワール」を表現していると思います。
 テロワールとは気候風土とそこに携わる人を総合したフランス語です。

ココロのポイント
 長井市は豊かな自然と農作物で成り立っている土地だと思います。
また、そこに住む人々は自然と向き合い、時に自然と闘い、そして時に自分自身と戦って今を生きているのだろうと思いました。

 天・地・人 = テロワール

農薬を15年にわたり使用してない金子氏の畑は驚くほど柔らかく、きっと土壌には作物に優しい微生物が多数存在し、柔らかな土壌は作物の根を伸ばすのに最適な柔らかさで、支え草(世に雑草といわれるもの)は夏の暑さから水分の蒸発を防ぎ、適度な水分を土壌に蓄える。
 そこにいたるまでどれほどの汗が流されたかと思うと、私の想像力程度では推し量ることもできません。

 それら全てが私の感じた 「長井のココロ」 だと思いました。


さて、この写真展と開催にあたり講習会が2回開催されたのですが、
そもそもは「もっと写真撮影の技術を向上させたい」ということから参加したのですが、
結果として撮影技術が向上したのか?というと




「・・・・」
(ビミョー)



です。



以上、ナガイのココロ写真展のお話。

伊佐沢地区地域おこし協力隊 サトウマサルでした!

^^  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 09:29Comments(0)

2014年12月09日

2014.12.08. 「伊佐沢イタリアンなお食事会」 を開催しました。

12月8日(月)に伊佐沢共同直売場に隣接します蔵高宿にて
「伊佐沢イタリアンなお食事会」を開催しました。

色々な事を考えて開催したこの会、
当初3-4名程度の参加人数かと思われましたが、ふたを開ければなんと17名もの方にご参加頂きました。
感謝御礼申し上げます。



そんな訳で当日は前菜に
伊佐沢産グリーンサラダと自家製胡麻ドレッシング






かぼちゃとサツマイモの根菜ポタージュ バケット添え




メインディッシュに
スパゲッティーニ・アッラ・ボスカイオーラ(木こり風パスタ)






デザートに
ムース・オゥ・ショコラ



という構成でした。

初のイベントとということで、行き届かない点、反省点多々ございましたが、このイベントは内容を微妙に変えて毎月開催したいと思っております。
また、伊佐沢地区において一部ご案内が行き届いていない地区があったことが判明しました。大変失礼しました。
お詫び申しあげます。

次回は1月上旬に開催を予定しております。
内容はフレンチ系にしようと思いますので宜しくお願い申し上げます。 — 場所: 蔵高宿 (写真6枚)  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 15:17Comments(0)

2014年12月02日

山形カクテルミーティング2014

お世話様です、地域おこし協力隊 伊佐沢地区担当 サトウマサルです。

去る11月30日(日)に山形市のホテルメトロポリタン山形で開催された

「山形カクテルミーティング2014」 に参加してきました。



「くだもの農家 X バーテンダー」 をテーマした会で日曜の夜にも関わらずなんと100名もの参加者があり、関心の高さをうかがわせました。






農家をとりまく環境は近年非常に厳しく、ここ伊佐沢においても同様と思われますが、参加者の多さとその熱気に圧倒され

「新たな可能性」を感じずにはいられませんでした。

非常に高い付加価値があると思いますし、自分の任期中に是非なんらかのカタチで応用したいイベントだと思いました。

以下、出品カクテルとなります。




















  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 15:30Comments(0)