2015年07月06日

逆川クリーンアップ作戦に参加しました。

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

去る、6月28日(日)に伊佐沢小学校の近くを流れる逆川クリーンアップ作戦に参加しました。

当日は早朝に住民有志が草刈り機を持って集まり、私も草刈り機を持って参加しました。




参加人数も多かったので作業は2時間弱ほどで終了しました。

スッキリと草が刈り取られ非常に景観がよくなりました。


尚、サトウはもう少し草刈りのスキルを上げた方が良いなぁ、と自分自身思いました。
頑張ります。  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 11:10Comments(0)

2015年07月06日

燦々会お料理教室開催されました。

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

去る6月27日(土)の夕方から地元有志による団体の「燦々会」さんのお料理教室が開催されました。
私は取材ということで参加させて頂きました。







参加者は男性約10名ほどに講師の先生が3名。
普段あまり料理を作ることも少ないであろう参加者の皆様方も時間の経過共に大変上手に料理をつくっていました。

当日のメニューは


「鶏肉の照り焼き」


「マカロニサラダ」


「油揚げの納豆のせ」


「カルパッチョ」


「ジャーマンポテト」


「きゅうりの浅漬け」

合計6品を3班に分かれて調理しました。

所用時間1時間半程度で料理は出来上がり、非常に手際の良い様子が見て取れました。


<豪華ディナーの完成です♪>


私も機会があれば、お料理教室に参加するかもしれませんので、その際は
どうぞヨロシクお願いします♪  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 11:05Comments(0)

2015年06月22日

伊佐沢地区グランドゴルフ大会に参加しました。

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

2016.06.21.(日) 伊佐沢地区のグランドゴルフ大会に参加してきました。

予報は雨か?と思われましたが見事に晴れ上がり、
参加人数も約80名もの伊佐沢地区の皆様がご参加です。
年齢層も男女幅広く、
なによりも、広大なグランドゴルフ場に非常に驚かされました。
(存在は知っていたのですが、足を踏み入れるのは初めてでした)







そしてなによりも思ったのが

・・・

「スイマセン、グランドゴルフなめてました。」


失礼ながら正直、ゲートボールの延長みたいなもんだろ?と思っていましたがやはり身をもって知るっていうのは大事な事で、
芝や地面のコンディションや、クラブで打つ力の配分などは非常に頭を使うものでした。

そして、なによりも「単純に面白い!」と思いました。

話を聞くと週に3回くらいのペースで練習会があるそうで、
時間とって参加しようか?とカナリ真面目に考えました。

また、成績は私の所属する上地区が2年連続優勝ということで、そのあとの懇親会にも参加させてもらいまして
非常に楽しく、美味しい時間を過ごさせて頂きました。


いやー楽しかったです。

^^



追伸:
それにしても写真のスキル・・・
まだまだ、です。

  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 15:29Comments(0)

2015年05月28日

2015.05.24. 少年教室開級式 田植え体験

去る5月24日(日)伊佐沢地区公民館の隣にある田んぼで
伊佐沢小学校の4~6年生を対象とした少年教室の開級式と田植えの実習が開催されました。


<コチラが田植えをする田んぼです。>

小学生4~6年生 18名が参加しました。
中には朝早くから地域の廃品回収のお手伝いをしていた児童さんもいたようで
本当にお疲れ様です。

まずは公民館長の大沼さんから今日の説明を聞きました。



この後、田んぼに「裸足で」 ←ココ大事
入って
「素手で苗を植える」 ←ココも大事
訳ですが、
田んぼにロープを張り、一列に並んで一斉に苗を植えます。


<こんな感じです>


<今から苗を植えます>


<最初の内は足元とられたりしてナカナカ先に進みませんでしたが・・・>


<1/3を植えた頃には もー早いx2>






あっという間に苗を植えました。

公民館長もおっしゃっておられましたが、
「生き物に手をかける。 その大変さを身をもって知る」
という言葉に重みを感じました。

世の中が便利で、ワンクリックでなんでも調べられたり、ボタン一つでなんでもできる世の中だからこそ
大事なんじゃないかなぁ・・・と思いました。


この後、夏休みの間に児童さんたちは苗の成長を観察し、
秋には人力での刈取り・収穫体験予定されています。



このような体験って本当に貴重で素晴らしい事だと思います。
参加させて頂きありがとうございました。



また、前日写真撮影の勉強会に行っての参加ではありましたが
写真撮影のスキルはまだまだです・・・
頑張ります。
  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 10:02Comments(0)

2015年05月18日

伊佐沢神社前夜祭・例祭に参加しました。

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。
<(_ _)>

さて、今年度は地域行事に(可能な限りではありますが)積極的に参加しよう、ということで
4月の念仏踊りに続き、
伊佐沢神社の前夜祭・例祭に参加させて頂きました。

なかなか、予定がかみあわなくて練習に参加できませんでしたが
お獅子の中に入れてもらうという相当に貴重な体験をさせて頂きました。













今後も地域の行事に可能な限り参加したいと思います。

ありがとうございました。  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 10:28Comments(0)

2015年04月30日

伊佐沢念仏踊りに参加しました。

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

今年は地域行事に可能な限り参加させてもらおうと思い、
まずその第一歩として伊佐沢念仏踊りに地域民として参加させて頂きました。
(ありがとうございます)

尚、当日の画像はご用意できなかったので
ながいファン倶楽部様が取材に来ておりましたのでリンクはらせて頂きますので
ご参照頂ければと思います。
http://samidare.jp/nagaifan24/note?p=log&lid=382668


当日は夜になり冷え込みがありましたが、実に多くの見学者がいて大変緊張しました。

今後も伊佐沢住民として活動に加えて頂ければと思います。
  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 11:15Comments(0)

2015年04月20日

今年から「念仏踊り」のメンバーに加えて頂きました。

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

昨日4月19日(日)より山形県の無形民俗文化財に指定されている「念仏踊り」のメンバーに加えて頂きました。
なり手が少なく困っているとの話を聞きましたが、
やはり、土地固有の文化は無くしてはならない!と思うのです。

そんな訳で、
4月25日(土)19:30から伊佐沢小学校グランドで「夜桜公演」として発表会が開催されます。
是非、見に来てやってください。



<画像は今から練習に臨むワタクシ佐藤です。>  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 10:46Comments(2)

2015年02月13日

ながい雪灯り回廊祭り 2015に参加してきました。

お世話様です、地域おこし協力隊サトウマサルです。

去る、2月7日(土)に開催された 「ながい雪灯り回廊祭り」 に地域おこし協力隊の渋谷隊員、金井隊員、山大生や工科短大の学生さん、そして川西町地域おこし協力隊からも2名が加わり参加してきました。

まずは小桜館の隣の公園(空き地?)に巨大な 「な」 の文字を作るところから始めました。
この 「な」 は長井市の 「な」です。



周囲の雪を除雪機と人力で掘り進み、その中心部に巨大な 「な」 の文字、そして水風船を設置し、そのうえでドローンを使用し空撮しました。


前日午後から遅い時間まで、そして当日学生さんたちも交えて追加で巨大な迷路も作成し、
小さい子供だと本当に迷子になる規模の迷路が出来上がりました。
(来年は更に巨大なものを作りたいです  ^^v )
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

夕方になり駅前に移動し、祭り開会のご挨拶。




そのあとはなんともキュートなリアル「ゆきんこちゃん」ズの点灯式(ほっこりしましたw)
町々に柔らかい雪灯りが灯されなんとも幻想的で柔らかい空気感に町が包まれています。






それと、我々地域おこし協力隊は駅の中で甘酒の販売をしました。
渋谷隊員の見つけた、極上の麹を使った甘酒で、
実は甘酒の呑めない私なのですが、美味しく飲めました!
(好き嫌いがまた一つ減った)







お蔭様で大変な賑わいで、開始2時間弱で完売となりました!
(楽しみにしてた皆さんスイマセン・・・)



さらにさらに!町の中にはベイマックスやらオラフやらアンパンマンやらの雪像がいたるところに存在し、
市民全員が(お金をかけないで)楽しんでいる様子が非常に印象的でした。






来年は迷路をもっと巨大にしたいなぁ・・・と思いました。
また
物販も何か「コレだ!」みたいなものをできたらいいなぁ・・・と思います。
(今の所何もアイディアはありませんが)





  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 10:04Comments(2)

2014年12月22日

2014.12.17.~12.21.「ナガイのココロ写真展」 

お世話様です、伊佐沢地区地域おこし協力隊のサトウマサルです。

12月17日(水)~12月21日(日)まで長井市内の小桜館にて文教尾の杜友の会、長井市心のまちづくり活動推進事業主催の
「ナガイのココロ」写真展が開催され、
私も一長井市民また一人の協力隊員の視線で写真を2点出展させて頂きました。



コンセプトとして彫刻家にして長井市栄誉市民である故長沼孝三先生の提唱する
郷土を愛し誇りに思う心

感謝と思いやりに満ちた心を指すそうです。



自分なりに感じたそんな「ココロ」を
ファインダーを覗かないで撮影する「ノーファインダー」という技法で撮影するというのが2つ目のコンセプトです。

8名の撮影者それぞれの視点、それぞれのココロが表現された素晴らしいイベントであったと思われます。


写真展は終了しましたが、ここで私が出品した作品を2点発表します。


作品名 「笑顔の未来へ」





シチュエーション
 沈む夕日に向かって愛犬と散歩している姿をセルフタイマーと三脚を使用し、第3者の視点で撮影しました。
 (専門的なシャッタースピードその他の要素は残念ながら記録しておりません。スイマセン)


エピソード
 自分にとって夕日は寂しさというよりは明日に繋がる風景であり、未来に繋がる今だと思っています。
 そんな夕日に向かって歩いていく姿を表現できればと思い、撮影に向かわせて頂きました。

 尚、タイトルは撮影前から決めており、私の好きなバンドの曲から使わせて頂きました。


ココロのポイント
 8月末から伊佐沢に地域おこし協力隊として愛犬と実際に住ませて頂き、この長井で見た夕日はどこで見た夕日よりもやさしく、美しいと思いました。
 そんな山々を桜色に染めながら沈む美しい夕日、また美しい山河、自然、そこに関わらる人々の優しい心、それら天地人が三身一体になったものこそが私自身が感じた
「長井のココロ」だと認識しています。

 「未来」や「笑顔」が待っているであろう明日を期待させる夕日
 「明日は何が待ってるんだろう」
 「明日は誰と会えるだろう」
 「明日はもっと頑張ろう」
そして、
 「この地に根をはって、頑張って、生きてゆこう」
そんな決意表明にも似た気持ちを込めて撮影させて頂きました。



そして2つ目

作品名 タイトル 「Terroir / テロワール」






シチュエーション
 現在事務所を構える蔵高宿に隣接する蔵高宿オーナー金子氏の畑をローアングル&ノーファインダーで撮影しました。

エピソード
 10月15日より仕事の拠点を伊佐沢共同直売場に隣接する蔵高宿に移動し、日々オーナーの金子氏の仕事を事務所からながめながら仕事をしておりました。
 金子氏は15年ほど前から農薬を使わない自然な農法で野菜を作っています。
私は以前ワインの販売・サービスに携わる仕事をしていましたが、金子氏の仕事はまさに「テロワール」を表現していると思います。
 テロワールとは気候風土とそこに携わる人を総合したフランス語です。

ココロのポイント
 長井市は豊かな自然と農作物で成り立っている土地だと思います。
また、そこに住む人々は自然と向き合い、時に自然と闘い、そして時に自分自身と戦って今を生きているのだろうと思いました。

 天・地・人 = テロワール

農薬を15年にわたり使用してない金子氏の畑は驚くほど柔らかく、きっと土壌には作物に優しい微生物が多数存在し、柔らかな土壌は作物の根を伸ばすのに最適な柔らかさで、支え草(世に雑草といわれるもの)は夏の暑さから水分の蒸発を防ぎ、適度な水分を土壌に蓄える。
 そこにいたるまでどれほどの汗が流されたかと思うと、私の想像力程度では推し量ることもできません。

 それら全てが私の感じた 「長井のココロ」 だと思いました。


さて、この写真展と開催にあたり講習会が2回開催されたのですが、
そもそもは「もっと写真撮影の技術を向上させたい」ということから参加したのですが、
結果として撮影技術が向上したのか?というと




「・・・・」
(ビミョー)



です。



以上、ナガイのココロ写真展のお話。

伊佐沢地区地域おこし協力隊 サトウマサルでした!

^^  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 09:29Comments(0)

2014年12月02日

山形カクテルミーティング2014

お世話様です、地域おこし協力隊 伊佐沢地区担当 サトウマサルです。

去る11月30日(日)に山形市のホテルメトロポリタン山形で開催された

「山形カクテルミーティング2014」 に参加してきました。



「くだもの農家 X バーテンダー」 をテーマした会で日曜の夜にも関わらずなんと100名もの参加者があり、関心の高さをうかがわせました。






農家をとりまく環境は近年非常に厳しく、ここ伊佐沢においても同様と思われますが、参加者の多さとその熱気に圧倒され

「新たな可能性」を感じずにはいられませんでした。

非常に高い付加価値があると思いますし、自分の任期中に是非なんらかのカタチで応用したいイベントだと思いました。

以下、出品カクテルとなります。




















  


Posted by 地域おこし協力隊 佐藤 at 15:30Comments(0)